マンション資産価値を保全する5つのサービス

  • 事務管理業務

    img-owner01.jpg

    当社では、「基幹事務」と「基幹事務以外の事務管理業務」の2つの柱を主軸に、マンションの事務管理業務を行っております。

    「基幹業務」では、当該マンションの1.会計の収入および支出の調定、2.出納、3.マンションの維持・修繕に関する企画または実施の調整の3基幹事務業務を行います。

    1.会計業務では、毎月前月までの会計収支状況に関する書面をご提出するほか、年度収支の予算案と決算案の素案を作成いたします。
    2.出納業務では、管理費や修繕積立金、専用使用料その他の金銭の収納、管理費等滞納者に対する催促、通帳の保管や経費の支払い、帳簿管理を承ります。
    3.マンションの維持や修繕の企画・調整業務では、建物や設備の劣化状態を把握して、補修や改修の提案を行うほか、長期修繕計画を作成し適切な時期に適切な保守・修繕を調整いたします。

     

    「基幹事務以外の事務管理業務」では、1.総会支援業務、2.その他、にわけ、マンション運用における重要事項決定や、管理対象部分に係る保全・点検、報告などのお手伝いをさせて頂いております。

    1.総会支援業務では、マンションの総会の開催日日程調整、次年度事業計画案の素案作成、会場手配、招集通知および議案書の配布、組合員の出欠の集計、総会議時に関わる助言、総会議事録案の作成などをいたします。
    2.その他の対象として、消防設備や建築設備などの各種点検、設計図や管理規約原本、総会議事録などの図書等保管業務など、事務管理業務を一括して受託いたします。
    マンション管理運営の要ともいえる「基幹事務」と「基幹事務以外の事務管理業務」の事務管理業務を通じて、マンションの資産価値を保全します。

     

  • 管理員業務

    img-owner02.jpg

    当社が派遣した管理員が、1.受付業務、2.点検業務、3.立会業務、4.報告連絡業務を行います。

    1.受付業務では、各種使用申込書等書類の受理、利害関係人に対する管理規約の閲覧、引越業者や来館者の対応、備品の在庫管理などを行います。
    2.点検業務では、建物・設備の点検、敷地内の無断駐車・駐輪の確認などを行います。
    3.立会業務では、外注業者の業務の着手・履行の立会い、ゴミ搬出時の立会い、災害事故等の処理の立会いなどを行います。
    4.報告連絡業務では、管理組合の文書配布や掲示、各種届出や点検結果、事故等発生の報告をいたします。
    お客様にもっとも近く、コミュニケーションをとる機会が多くあるからこそ、お客様と信頼関係を築くことができる人材を厳選し、徹底した着任前教育を経たプロフェッショナルが業務にあたります。

     

  • 清掃員業務

    img-owner03.jpg

    建物の内部および外観の美観、清潔さを保つため、1.日常清掃、2.定期清掃、3.排水管清掃を実施いたします。

    1.日常清掃は管理員が行い、玄関ホール、エレベーターホール、廊下、階段、建物廻り、バイク置場や自転車置場など、使用頻度の高い場所を清掃いたします。また、ゴミ置場についても、整理整頓と清掃を行い、気持ちよいマンションライフをサポートいたします。
    2.定期清掃は、年に数度、風除室やエントランスホール、エレベーターホール、共用廊下、外階段等をポリッシャーや高圧洗浄機を用いて、機械清掃いたします。
    3.排水管清掃は、3年に1回、各住戸の排水管や共用部分の排水升や共用竪管を、高圧洗浄車を用いて洗浄いたします。
     

     

  • 建物・設備管理業務

    img-owner04.jpg

    安全・快適な運行が求められるエレベーターや機械式駐車場設備、お客様の安全を守る消防設備、給水増圧ポンプや排水ポンプなどの給排水設備、非常照明をはじめとする建物設備など、マンションに付帯するすべての設備について、適正な点検を実施いたします。
    建物や電気設備等については、技術者が定期的に巡回し、目視・設備点検を実施することでマンションライフの利便性と安心を守ります。また、植栽維持のための施肥、剪定、除草など生育管理なども対応いたします。
    あらゆるメンテナンスを通じて、マンションの資産価値保持に努めています。

  • 機械監視業務

    img-owner05.jpg

    機械監視サービスは、24時間365日、警備会社と連携し、消防設備やエレベーター、給水ポンプ等を遠隔監視しています。管理人の不在時に、万が一、共用設備や専用部分に火災や停電などの異常事態が発生した場合、警備会社に異常信号が発信され、警備員がマンションに急行して状況を確認のうえ当社に報告します。その後、必要に応じて業者を手配し、修理・復旧対応を行います。
    予期しないトラブル発生においても早急かつ適切な対応を行い、マンション全体の安心と安全を担保いたします。

    ※各業務の詳細はマンションによって異なります。

管理組合運営の手引き

マンションと、これを構成する区分物件の運用・管理を円滑に進めるために機能するのが、管理組合運営です。主な内容は次のようになります。

管理組合とは

マンションは、個人が所有する「専有部分」と共同で所有する「共用部分」に分かれます。管理組合の役割は、「共用部分」の維持管理や利用上のルールを定め、よりよいマンション生活を実現していくことにあります。管理組合は、ルール等を決める「総会」、総会で決議されたことなどを執行する「管理者」、管理組合の構成と運営が適正に行われているかチェックする「監事」、および「組合員」(オーナー様)から構成されます。

総会の運営とは

管理者は年に1回、組合員を招集して総会を開催し、事業報告、決算報告、案件の審議を行います。総会開催に際しては、出席者の把握、会場の設営を行ったうえで、議長の選出(管理規約により管理者が就任)、議事録署名人の選出、および案件(議案)の審議を行います。

管理費会計とは

区分所有者が管理組合に納める管理費や専用使用料等を管理する会計です。管理費等は、マンション管理を円滑に運営するための財源であり、主な使途としては、共用部分の水道光熱費や共用部分に関わる火災保険等の損害保険料、日常における軽度の修繕費用、エレベーターや機械式駐車場・消防設備等の点検費用、排水管清掃費用などが挙げられます。

修繕積立金会計とは

区分所有者が管理組合に納める修繕積立金を管理する会計であり、管理費と区分しなければなりません。また、使途は管理規約により規定されており、大規模修繕工事等の計画修繕工事、震災・火災等による特別な事由により行う修繕工事、自転車置場増設など共用部分の変更に伴う費用などが挙げられます。年度によって発生する金額が変動するため、事業計画や長期修繕計画書を確認し、適切な予算設定が求められます。

未収納金とは

管理費等の未収納・滞納は、管理組合の資金繰りに影響を与え、滞納金額が増大すると管理組合の運営に支障をきたします。また、未収納金額が増大し長期化した場合、その対策に多大な労力を要することになります。そのため、未収納金が発生しないよう普段から各区分所有者に自覚を促すことが必要です。また、発生してしまった場合は督促を行い、早い段階で解決することが重要となります。

長期修繕計画および資金計画について

マンションの価値を末永く維持するには、修繕工事はなくてはならないものです。適切な時期に修繕工事を実施するためには、長期的視野に立った計画の設定、すなわち長期修繕計画の策定と、適切な資金計画が必要となります。

長期修繕計画は、建物の特性に合わせ、塗装、防水、給排水設備などの経年による劣化を予め想定し「いつ・どこを修繕するか」計画を立てるものです。当社では、「日々の適切な点検と小さな気付き」が長期修繕計画の礎であると考え、定期的に建物点検や各所の清掃を実施いたします。また、築後の保証期間内にできる限りの保全を試み、劣化の軽減を図っています。

修繕工事の原資となる修繕積立金の資金計画も重要です。当社では、建設プロセスを熟知したスタッフが、マンションの施工段階から「劣化しにくく修繕しやすい」仕様を取り入れ、ランニングコストを抑えています。そのため、計画外の劣化で資金不足を起こし、修繕を延伸せざるを得ないといったトラブルを未然に防いでいます。さらに、屋上スペースを活用した広告や携帯基地局、敷地内の遊休スペースや空駐車場を活用したコインパーキング運用など、管理組合が収入を得る方法を積極的にご提案し、個人負担の軽減に努めています。

築35年にわたってお客様の安定経営をサポートする、「まもらんど35」

青山メインランド住宅設備保証サービス「まもらんど35」は、物件に付設するエアコン、給湯器、照明器具、インターホン、洗浄機能付き便座、浴室乾燥機等の電化製品、また、キッチン、水栓、ユニットバス、トイレ、シャワーヘッド・ホース、洗面台、ガラス、鏡、フローリング、建具、消火器などの設備について、築35年まで保証するサービスです。

一般的な設備保証サービスの大半は7年~10年ですが、これでは、メンテナンスの必要性が高まる時期をカバーしきれているとは言えません。「急なメンテナンス費用の発生が不安だ」、そんなお客様の心配を払拭するのが「まもらんど35」です。 入居者からのクレームにも素早く対応し、対入居者・修理業者との煩わしい交渉も一切不要の「まもらんど35」が、メンテナンス費用負担を保証し、安定したマンション経営をサポートいたします。

service01_img07.png

「青山ハウジングサポート」は、青山メインランドグループのマンション管理会社「青山メイン企画」の新名称なのでしょうか
青山ハウジングサポートと青山メイン企画は別会社となります。
青山ハウジングサポートの設立の経緯につきましては、当社ウェブサイトの「ご挨拶」をご覧ください。
また、青山メイン企画の詳細につきましては、青山メイン企画のウェブサイトをご覧ください。
社員の保有資格について教えてください。
当社は、マンション管理から建築・設備、会計、保険に関する資格を保有するプロフェッショナル集団です。
主な保有資格は、以下になります。(2014年9月現在)

・マンション管理士
・管理業務主任者
・宅地建物取引士
・一級建築施工管理技士
・2級造園施工管理技士
・日商簿記1級3級
・損害保険募集人
・防火・防災管理者